新たな姿勢で迎える新年の仕事始め

新年,仕事始め

仕事を行う日々は毎日慌ただしく過ぎ、休日の時間は目標達成に貴重です。 新年に決めた目標に向かうには日々の努力が不可欠で、その積み重ねによって実現する事が出来ます。 仕事における目標を達成するには仕事始めが大切で、新年で変化して強く持った気持ちを忘れない事が重要です。 年が変わった新年の最初は新たな気持ちが有りますが、正月の後半や2月には気持ちが薄れて行きます。 最初に決めた目標を定期的に再確認する事は欠かせず、最終的な目標を目指し続ける事が必要なのです。 忙しさに追われると大事な事を見失いがちになりますが、仕事に向かう姿勢も目標の為には重要と言えます。 自分に対する厳しさを持てるのは自分自身なので、時間を無駄にせず効率よく仕事をこなす事が大切です。 時間に余裕が生まれれば仕事以外にも時間が使えますから、キャリアアップの為に勉強をする時間が作れます。 毎日時間は確実に過ぎて行きますから、1日を無駄にしない仕事や生活の仕方を考える必要が有るのです。 仕事始めは新年の挨拶で始まりますから、挨拶一つで人々に違った印象が与えられます。 決意を持った表情や意思で挨拶を交わし、1年の目標を誰かに伝える事は強い決断の表れでも有るのです。 403

新年は絶好のビジネスチャンス

新年,仕事始め

新年はおめでたい雰囲気がありゆっくりしていたい時期ですが、ビジネスをしている人にとっては絶好の商機といえる時期でもあります。 多くの人が休暇をとっている時期だけに、サービス業の需要というのは非常に大きくなっているためです。 そのため、新年早々はゆっくりしたい時期でもあるものですが皆が休んでいる時こそ、稼ぎどきといえるのです。 休みは何時でもとることが出来ますが、チャンスというのは一年のなかでも早々無いだけに年末年始はフル稼働して、落ち着いてから休暇をとるのが良いでしょう。 不況の現在の日本社会にあっても年末年始というのは、商売をしている人にとっても大きな時期だけに周りに合わせて、休んでしまうというのは非常に勿体のない話です。 もちろん、周りが休みだと商売にならずに合わせて休みを取るという人はいい休養を取ることができる時期になりますが、小売店の場合には商売敵が揃って休暇をとっているという状況であれば、それだけ競争相手が減る時期ですから周りの競争相手の客を取り込むことができる可能性も高まるのです。 年の始にお客さんに対して良い印象をあたえることが出来た場合、それが一年にわたってその印象が続き売上が持続することもあるのです。 404

更新履歴